初老の男性が包茎手術する訳

Posted by admin

60歳をまじかに控えた私の子供のころからの友人が、大宮の専門のクリニックで包茎手術をしたのだそうです。
私にそっと教えてくれました。
その理由が、私にも覚えがあるような理由だから、彼を馬鹿にはできません。
年を取るとペニスも衰えてきます、それまで、完全なズル剥けの亀頭が仮性包茎になるというのです。
私もそのことは分かるような気がします。
それまで、張りがあってペニスが、張りを失ってしまう感じを私も感じていました。
年を取るとペニスも縮小して行くのでしょうか。
それまで包茎ではないことからその清潔度には気を使いませんでしたが、仮性包茎になれば、亀頭を清潔にしなければ何かの病気にもなってしまいます。
友人は包皮炎になったことによって、包茎手術を決断したそうです。
オシッコのきれが悪くなる、尿道結石になるといった高齢になると包茎であろうがなかろうが、ペニスは大事にしなければなりません。
それになりより、介護で包茎を見られることが何より恥ずかしいのだそうです。

Filed Under 手術の重要性