包茎の臭いは治療しないと消えない

Posted by admin

包茎の臭いは放置しておいて消えることはありません。
治療・矯正して包茎を治すしかないのです。
臭いの正体は、尿や精液、分泌物などです。
これらが腐敗して、強烈な臭いを発するわけです。
毎日皮をむいて洗っていても、翌日にはうっすらと膜が形成されているはずです。
これが恥垢と呼ばれるものです。
恥垢は湿気を好む傾向がありますから、なるべく亀頭を乾燥させておくことが大切です。
そのためには、常に亀頭を露出させることです。
包茎手術を大宮で検討している方は、痛くないクリニックで治療を受けましょう。
クリニックによって麻酔方法が異なりますから、痛みにもかなりの差があります。
また、人によって痛みの感じ方が違います。
麻酔があまり効かない方もいるでしょう。
事前にカウンセリングを受けて、痛みについて聞いておきましょう。
包茎手術を受けると、入浴が楽しみになります。
シャワーをかけるだけで亀頭を洗浄できるからです。
包茎のままだと、無理に包皮をむいて洗うので苦痛を伴ってしまうのです。

Filed Under 手術の重要性